Skip to content

職場のあの人が風邪ひいた!niceワードとNGワードはプリテスごとに違います!

Posted in シーン別プリテス, and プリテスあるある

今年は、特にインフルエンザが大流行とか。
皆さんの周りでも、風邪で体調を崩して休む人がいらっしゃるのでは?

風邪なら休めばいいのにとか、風邪風邪ってうるさいとか、風邪治す気がないんじゃないの?とか、いろんな人がいますよね。

そんな時こそ、職場の人たちのプリテスを判定するチャンス!
プリテスのタイプを判定し、ちょっとしたコツで、好印象を作りましょう!

【プリテスあるある】風邪編

風邪のひきかけは
プリンスタイプは、のどが痛いだけで大騒ぎをし、良い治療法をききまくったりする。
リーダータイプは、さっさと医者に行き、風邪であると診断してもらい、薬を飲む。
テスタータイプは、自分なりの健康法を持っている人が多く、独自の工夫をしている。
スペシャルタイプは、風邪は心にスキがあるからと、気合を入れ直したりする。
風邪で休んだ後は?
プリンスタイプは、どれだけひどい風邪だったか、苦しかったかを話しまくる。
リーダータイプは、医者の診断、熱や症状の推移、薬を飲んだかなどを話す。
テスタータイプは、休んでいた間、とまった仕事に関して確認したら、仕事する。
スペシャルタイプは、風邪などでは基本休まないが、休んでしまったら自分を情けないと恥じる。

いかがですか?
あの人はこのタイプと浮かんだところで、いよいよプリテスを使ってみましょう!

各タイプの人にどんな態度をとると関係がうまくいか、ちょっとしたコツを提案する、実践プリテス【風邪編】ちょっと苦手なあの人にも、軽く試してみて下さい!


【実践プリテス】風邪編

プリンスタイプに対しては?
・「大丈夫?」「大変だね?」「それはつらいよね?」と心からの心配や慰めの言葉が一番大事。休んだあとは、いなくて寂しかったといった言葉も喜ばれる。
・ここのお医者さんがいいらしよ、とか、この薬がいいらしいよ、といった情報は喜んで聞くけど、あまり従わない。だから「ちゃんとお医者さん行った?」「薬飲んでる?」といった確認はしない方がいい。
・おおげさなといった揶揄は、実は傷ついているのでNG。

リーダータイプに対しては?
・医者に行ったとか、薬をもらったとか、話してくると思うのでそれを心配そうに聞き、お大事にと礼儀正しく伝える。
・熱はいつから?とか、お腹の方が大丈夫?とか、夜は眠れてる?とか、具体的に詳しく質問する方が、心配している思ってもらえる。
・あなたがいなくてもがんばれるけど、突発的な時に困りそう、困った、といった話は喜ばれる。

テスタータイプに対しては?
・必要なことだけは報告があると思うので、きく。
・何か手伝えることはあるか確認して、あれば手伝う。
・たまっていた仕事の山を越えたころ、「参考のため」と風邪の経緯などを質問するのが〇。

スペシャルタイプに対しては?
・少々熱があっても出社する人も多いが、休めとか医者に行けとか言ってもきかないはず。
・さすが責任感が強いね。〇〇さんらしいけど、心配です。と肯定的に伝える。
・ペース配分を考えるのも仕事のうち、といったアドバイスはNG。

【2月プリテス相談所】参加者募集中!

テーマ  「体調不良」時の職場でのふるまい方
参加費  無料
開催日時 2018年2月18日 (日) 15:30 – 18:00
開催場所 ピーネハウス  https://goo.gl/NgUzh5
詳細申込 ピーティックス https://goo.gl/1MkCLZ

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です